夜明け前のまだ暗い空に浮かぶ三日月はどこか儚げな表情をしている。黒と黄金色のコントラストがただただ美しいから、それに吸い込まれてしまい、なにか語りかけてくれそうに思えるけれど、それはただの幻想であって、本当はなにも聞こえない。

夜の相場、つまり日本人にとっては先物や為替相場のことだが、それらのトレーダーにとって夜は夜ではなくなる。むしろ日中よりもギラギラと明るい、それでいて淀んだ夜の世界がそこにはある。ここ最近は上下へのボラティリティがとても大きく、夜は長くて深くなっている。

僕は夜の相場のあいだに眠ってしまうこともあるけれど、安眠はできない。まるで目覚まし時計のように聞こえてくる。板が動く音が、チク、タクと。目を覚ますと大きく動いていることが多い。二度寝できるのは、良い方向に動いているときだけであって、逆の場合はもう眠れない

日本の先物市場は朝の5時半に引ける。
「おつかれさま。さて寝ましょう」
というわけにはいかない。まもなく日の出を迎え、株式市場が「おはようございます」といってくるのだ。寝ても覚めても気の休まることのない戦場のようである。いや、そもそもここは戦場か。

朝8時になるといっせいに気配が動きはじめる。あらためて、気配という言葉は的を射ていると思う。板に並んでいる枚数は気配的であり、そこには本気のものや、嘘のものがあり「さあ、わたしはどっちでしょう?」と語りかけてくるし、騙りかけてくる。

9時になると市場がスタートする。気配は瞬間的に実態となり、そしてすぐに気配に戻る。板は出たり消えたり、突然現れたり、まるで忍者のように動きつづける。「板の声が聞きたい」と思うけれど、聞こえてくるのは声ではなく、ピコピコという効果音だけだ。

大きな買い板が入ると、買い方は安心して買い向かってしまうけれど、大きさは相対的なものである。僕たちが大きいと思っていても、それを格好の餌食と思う大人たちもいるわけで、一発で喰われてしまう。尺度の違う世界にいる人には、きっと板の声が聞こえているのだろう。

効果音がバチバチと変わるとき(それは節目戦のときが多いが)、少しだけ声が聞こえそうになる。そんなときは見えない板があって、瞬足で喰われて株価がワープする。その力の方向が接近戦の勝者となりやすいが、隠れたラスボスがいて、痛恨の一撃パターンもある。

約3600銘柄が織りなす世界は電子的でサイレント映画のようだけれど、揺らめくチャートや押し引きをする板の中には蠢くものが棲んでいる。世界の住人を出し抜こうと息を潜めている彼らの姿はこちらには見えないけれど、きっとどこかで微かな声を洩らす。そう。コエガキコエル。

 


 

冬も深くなった寒すぎる朝に、僕は散歩がてら神社にお参りに行くことが多い。夏のころは蝉の声がうるさかった境内は、冬になると殺風景でとても静かである。ブランコやシーソー、ジャングルジムのある小さな公園があり、ノスタルジックな気持ちになる。

僕は無宗教だから信仰心を持ってはいないが、心の中に神様のような大切な存在はいると思っている。祖父や祖母、飼っていた犬たち、そして亡くなっていったあまたの先人たちが無になったとは思わない。物質は消えても、精神は永遠に残る。自分次第だけれど。

きっと見守ってくれている。想像すればすぐに脳裏に浮かぶのだから、とても近くにいるのだ。もしかすると「相場なんてやめなさい!」って大声で注意されているのかもしれないけれど、残念ながらその声は聞こえない。諭す声と板の声は、いまの僕には届かないのだ。

相場も冷え切りそうなほど寒い季節だとしても、もちろんそんなことはなく、氷壁を溶かすほどの熱いセクターやテーマ、個別銘柄はいつも存在している。2018年末に株式市場を襲った揺れもひと段落し、売られすぎた銘柄が少しずつ息を吹き返してきている。

バイオテクノロジー分野では再生医療や遺伝子治療などの先端技術、メガファーマのM&A案件の活発化などを背景に、セクター全体に資金が流入した。個別銘柄も材料が豊富で、好結果で飛び立った銘柄や、マイルストーン、ライセンスアウト思惑など、話題に事欠かない。

「バイオは人類に生命を与える」

これはバイオベンチャーが企業理念のコアに置くべきだと僕は考えている。そして同時にこうも考えている。

「バイオは投資家に夢を与える」

最後までは書かないけれど、バイオ株はまさに夢株である。

 


 

AI(人工知能)も次代を担うコア要素になるだろう。AIは過去何度もムーブメントを起こしたが、まだマシンスペックが低かったために実用化には至らない歴史があったらしい。それを打開したのがGPUと呼ばれるプロセッサや、クラウドなどのコンピューティングの変革だ。

AIはディープラーニングという深層学習ができるようになったことで目覚めたらしい。これは脳と同じニューラルネットワークという仕組みで成り立つようだが、小難しい話はさておき、とにかくAIは「自分でモノを考える」に至ったわけである。

シンギュラリティと呼ばれる「AIが人類の知性を追い抜いてしまう」概念があり、これが西暦2045年に起こると予測する人たちがいる。これは悲観的な文脈で語られることばかりだが、果たしてそうなのか。信用できないものが多い世界ゆえに、AIへ懐疑的な考えが蔓延しているのではないだろうか。

海外ではターミネーターのような悪役をAIが演じることが多い。一方の日本では、ドラえもんや鉄腕アトムなど、みんなの憧れとして描かれることが多い。国民性の違いなのかもしれないが、AIが進む方向にはたくさんの分岐点があり、無限の可能性を秘めているのだ。

すでに賽は投げられている。自分でモノを考えるAIが電子の世界に住み、彼らは増殖し、人間の歴史からするとありえないスピードで成長していくのだろう。どんなゴールを迎えようと、それは現実であり、リアルとバーチャルの垣根を超えてくる。世界はつながりはじめる。

AIというテーマも注目されつづけるテーマになるだろう。いまの時代において、彼らが抹殺される可能性はほぼゼロである。世界の中にすでに組み込まれ、これから生まれる新技術の中にもすでに息を潜めている。ドラえもんは22世紀ではなく、21世紀に生まれるかもしれない。

 


 

「利は伸ばし、損は切る」。言葉としてはシンプルであり、たやすく実行できそうなことだけれど、じつは重くのしかかり、なかなか実践できないものだ。一方、「利は我慢できず、損は我慢する」。これは簡単に実行できてしまう。人はなぜか恐怖への耐性が強い。

損切るタイミングはいくらでもあったはずだし、あわよくばプラスや同値でクローズできるチャンスもあったかもしれない。そういう値動きを目にし「もう少しリバるかもしれない」と、淡い期待に駆られてしまう。そんな僕たちを、相場は堂々と翻弄し、そして裏切る。

銘柄には怨念のような力がみなぎり、淡い期待は儚いものとなり、つい先ほどまで逃げられた水準に戻ることはなく、震える水準まで下げつづける。我慢のできない玉が五月雨式で投げられる。玉が底をつき、やっとチャートも底になる。

底は何かしらの節目付近のことが多く、上げるタイミングで買われた玉が価格帯ごとにあるから、下げ相場になると同値での手仕舞い玉もたくさん出てくる。下げ相場では負の連鎖が起きている。それを我慢している状態が「損を我慢する」という構図だ。

そうして、なぜかこの水準になると、我慢できなくなって損切りをしてしまう。買いのターンに切り替わるところで。とても不思議なことだけれど。僕も逃げ遅れるときはたくさんあるけれど、我慢したのなら、意地をはって我慢しなければならないと思う。

利確は正義。損切りも正義。損を我慢することは正義ではないが、我慢し尽くした後にやっぱり我慢をやめるのがいちばんの悪だ。悪というか、もっともパフォーマンスよく大損する方法だ。「あなたの投げたそこが底」といわれ、強者に玉を取られてしまう。

これが積み重なると、利に対しては我慢できなくなる。下げたときの損が怖いから、少しでも上がると利確したくなる。損を早く取り戻したい気持ちも強いのかもしれない。そしておもしろいことに、また同じ銘柄を買ってしまう。いうまでもなく、高値で。

アップトレンドなら、この上下は一過性のものであり、あとから見返せばキレイなチャートの一部になっているかもしれない。しかし切り取られたワンシーンの中にいるトレーダーにとっては天地が見えない世界なのだ。リスク管理ができれば、ただの平和な世界かもしれないが。